交通事故にあってしまったら...

交通事故

医療機関、接骨院には、それぞれ、得意な領域がありますので、上手に併用することが早期回復へとつながります。接骨院では主に自賠責保険による治療を行います。
交通事故の場合、自賠責保険により治療費が出るので、治療費や診断書料を負担することは一般的にはありません。
また、当院では専任の弁護士によるサポートも行っております。

1. 交通事故直後

交通事故に遭った場合は、必ず、医療機関で診断を受けることが重要です。
また、大きな痛みではなくても、少しでも痛みや不調を感じる部分があれば、
レントゲンを撮るなど、詳しい診断をしてもらえるよう、医師に自分から伝えることが大切です。交通事故の痛みや不調は、時間がたってから出てくることもよくあるので、診断を受けていない部分に痛みや不調を感じた場合も、必ず、診断を受けましょう。

 

2. 症状による通院方法

◇骨折と骨折後のリハビリ


医療機関に骨折と診断された場合は、ギプスが外れるまでは、医療機関に通院しながら、経過をみましょう。ギプスが外れた後のリハビリは、うらしま接骨院で行うことができます。接骨院でのリハビリは、手技、筋力トレーニング、ストレッチなどを行います。リハビリ中も、医療機関での経過観察も必要ですので、あわせて通院しましょう。

 

 

◇むち打ち、腰痛


むち打ちや、腰痛は、注意が必要な症状です。根本的に改善をしないと、時間がたっても後遺症として残ってしまうことがあります。
接骨院では、病院のレントゲンなどでは判断ができない、筋肉の硬直などにアプローチし、
後遺症を残さない施術を行います。
また、それと同時に、医療機関でも身体の状態を把握するため、定期的に検査を受けましょう。 

うらしま接骨院では、交通事故患者様が、適切な治療を受け、治療を受けることに専念できるよう、様々な面でのサポートを行います。
交通事故に遭われて不安を感じていらっしゃる方に寄り添い、親身に相談に応じます。

適切な治療を受け、身体の状態を元に戻したいという方は、

当院にお問い合わせください。

整骨院と医療機関の上手な併用方法
医療機関が得意な領域とは?
交通事故に遭っても、目に見えるような怪我や、痛みなどを感じない場合、病院に行かない方もいらっしゃるかもしれませんが、事故の不調は、後になって現れることもありますので、早めに、医療機関で診察を受けられることをおすすめします。
医療機関では、レントゲンやMRIなどの精密機器で検査を行い、骨や、組織の損傷を発見し、適切な処置を受けることができます。
また、痛み止めや、湿布なども処方してもらえますので、どうしても痛みが治まらない場合でも、苦痛を軽減することができます
また、手続き等に必要な「診断書」も書いてもらうことができるので、事故に遭った後、少なくとも1度は、医療機関での診察を受けてください。
整骨院が得意な領域とは?
・レントゲンやMRIでは異常が
 判断しづらい症状
・待ち時間が少なく夜遅くの
 診療をやっている
手技による治療で施術者と
 マンツーマンで身体のケアを行います
・交通事故患者様を多く施術しており、
 患者様が抱える身体的・心理的な
 苦痛を熟知している
交通事故後の保険の手続きや
 保険会社のやりとりの対応を致します
接骨院で交通事故の治療を受けられることをご存じない方も多くいらっしゃいますが、交通事故の治療は、実は、接骨院の得意とする領域です。

接骨院では、レントゲンやMRIでは判断が難しい、むち打ちの症状(頚椎捻挫)、腰部(腰痛捻挫)、打撲、肉離れなどの状態を、柔道整復師という筋骨格系の国家資格を持つ施術者が、問診、検査等で的確に判断し、治療を行います。
 
また、通院が長くなると、病院では、リハビリをして、薬をもらう・・・というような、毎回同じ流れの処置しか受けられないこともよくあるようですが、ゆげ接骨院では、毎回、しっかりとお身体の状態を把握し、マンツーマンで身体のケアを行います。
また、待ち時間が少なく、交通事故患者様は、お忙しい方も時間を有効にお使いいただけます。患者様に、しっかりと改善するまで通院していただき、治療に専念していただけるよう、事故後の
保険のお悩みなどもしっかりとサポートしていきます。